SRILANKA RESCUE SUPPORT

スリランカ支援 2004年12月26日、スマトラ沖で発生したマグニチュード9.0の大地震により

発生した大津波がスリランカを襲い、少なくとも46.000人が死亡したといわれています。

 

翌年2005年7月、JPRではJICA兵庫の市民参加協力事業(海外プログラム)の支援受け、スリランカの

コロンボ市およびゴール市を対象に、津波の被害とJPRが実施する救急救助が行えるのかどうかを調査。

 

同9月に、同時支援中である、アフリカ・ザンビア共和国の救急救助管理員会委員長とスリランカ国

ゴール市保健衛生部次長を神戸に招聘し「国際協力セミナー」を開催する。

 

そして翌年の2006年2月に、総勢9名のJPR会員で結成された支援チームが、

海外支援2ヶ国目となるスリランカ・ゴール市に全日程6日間で「救急救助技術支援」を実施したのです。

しかし、スリランカの技術支援は、この1回の支援で終了することになりました…。

 

支援自体は大成功でしたが「寄贈したはずの消防車両が届かない」と言うような、様々なトラブルも発生し、発展途上国への支援の難しさや、困難さを実感する支援にもなったのです。