今回は、RRC711の指導者の中でも、特に優秀な5名を選抜し「指導者上級コース」を神戸市消防学校を中心に学ぶために来日しました。 シアヌークビルの「カンボジア・日本友好防災学校」において、さらに優れた教官になるため、日本で学んでいただきます。<来日メンバー>Brigade70 Rapid RescueCompany:RRC711

 

Mr.Soy narith

Im Chandaro
Lot chanrith
Nop brem
Chap putdavy
Chhoeurn chanra

 

神戸市消防局中央消防署で勤務交代や始業点検を見学。

24時間勤務を終えた(消防)職員たちが、次の24時間勤務を実施する隊員たちと、勤務交代をする様子を見学。昨日の災害や救急件数、重要事項や各隊の申し送りを詳細に実施後、車両点検や資器材点検を丹念に行う。

 

一年365日、毎日、毎日繰り返されている光景。カンボジア研修生達は、必死でメモを取り、通訳を通じて質問、研修も五日目ともなり、質問する事にも慣れてきた様子。見学後は、研修生同士で「将来のカンボジア消防」について、熱い議論を交わしていました。